カテゴリの記事一覧

カテゴリ名

土日祝でもファクタリングで資金調達できる?即日入金対応の会社や注意点をご紹介!

注文書・発注書のスピード買取・資金調達なら

「急用で現金が必要になってしまった…。土日でもすぐに現金化できるファクタリング会社はないかな?」

事業などを経営していて、このように悩む方も少なくないでしょう。

結論、土日でも即日入金に対応しているファクタリング会社はありますが、数は多くありません。一方、土日でも審査や店舗受付・電話サポートのみ対応に対応している会社は多数あります。

この記事では土日祝でも即日入金に対応しているファクタリング会社をご紹介します。また即日入金でなくとも、審査や電話サポートに対応しているファクタリング会社や、知っておくべきポイント・注意点もご紹介します。

急に現金が必要になったときに覚えておくと便利な情報がまとめられていますので、ぜひ参考にしてください。

土日祝日に即日入金に対応しているファクタリング会社

土日祝日に即日入金に対応しているファクタリング会社

土日祝日でも即日入金に対応しているファクタリング会社は、以下の2社です。

  • えんナビ
  • labol(ラボル)

この章では、それぞれの特徴などを交えてご紹介します。

えんナビ

えんナビの概要は、以下のとおりです。

利用額 50万円~
手数料 5%~
資金化までの期間 最短で即日
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間・3社間
オンライン利用 不可

えんナビは、土日祝日でも即日入金に対応している数少ないファクタリング会社です。

24時間365日、担当者による対応が受けられることが特徴で「明日までに現金が欲しい」という急ぎのニーズにも柔軟に対応しています。

契約の際は面談が必要になりますが、えんナビでは「出張」に対応しています。そのため都内の方はもちろん、地方にお住まいの方でも安心です。

また即日入金に対応しているファクタリング会社のわりには、手数料が5%と安く設定されていることも大きなポイントとなっています。

labol(ラボル)

labol(ラボル)の概要は、以下のとおりです。

利用額 1万円~
手数料 10%~
資金化までの期間 最短で即日
ファクタリング利用対象 個人事業主
ファクタリング形態 2社間
オンライン利用

labol(ラボル)は株式会社ラボルが提供するファクタリング会社で、24時間365日の即日入金に対応しています。そのため休日や夜間など、タイミングを問わない資金調達が可能です。

labol(ラボル)は個人事業主やフリーランスの方を対象にしているため、最低利用額は1万円からと、気軽に利用しやすくなっています。

手数料は10%からなので、一見高いように思えますが、labol(ラボル)は

  • 24時間365日対応
  • 他の会社に比べ審査にとおりやすい

といった点がメリットです。

また他の個人事業主向けファクタリング会社は、手数料が20%前後となることもあるため、labol(ラボル)の手数料は比較的安いと捉えることもできるでしょう。

土日祝でも審査や店舗受付・電話サポート対応のファクタリング会社

土日祝でも審査や店舗受付・電話サポート対応のファクタリング会社

土日祝日に即日入金に対応しているファクタリング会社は多くありません。しかし、土日でも審査や店舗受付、電話サポートに対応しているファクタリング会社は以下のように多岐にわたります。

  • TRY(トライ)
  • オンファクト
  • PAYTODAY(ペイトゥデイ)
  • プロテクトワン
  • ペイトナーファクタリング
  • 株式会社JTC
  • QuQuMo(ククモ)
  • ウィット

この章では、上記のファクタリング会社の特徴やメリットなどをそれぞれご紹介します。

TRY(トライ)

TRY(トライ)の概要は、以下のとおりです。

利用額 10万円~
手数料 3%~
資金化までの期間 最短で即日
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間
オンライン利用

TRY(トライ)は株式会社SKOが運営するファクタリング会社です。

土日祝日でも休まずスタッフが受付対応を行っているため、急に現金が必要になった際でもすぐに申し込み手続きができます。

契約の際は面談が必要ですが、地方在住などで来店が難しい方でも、出張買取やオンライン面談サービスがあるのも嬉しいポイントです。

さらに手数料は3%〜と、他社と比べても良心的な金額が設定されているため、安心して利用できます。

ただし審査や入金については、平日のみの対応となるため、土日は行われていません。現金が必要とわかったら、なるべく早く申し込み手続きを済ませることをおすすめします。

オンファクト

オンファクトの概要は、以下のとおりです。

利用額 30万円~
手数料 2%~
資金化までの期間 最短で即日
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間
オンライン利用

オンファクトは2020年に設立された、比較的新しいファクタリング会社です。

年中無休で審査や受付を行っており、各種手続きはオンラインですべて完結します。そのため休日や祝日、急に現金が必要になった場合も、オンファクトなら対応可能です。

手数料も業界最安水準の2%からとなっており、個人事業主やフリーランスの方にも安心して利用できるでしょう。

ただ業態によっては審査が厳しく、一般的なファクタリング会社よりも買取率が低くなってしまう側面もあります。

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

PAYTODAY(ペイトゥデイ)の概要は、以下のとおりです。

利用額 10万円~
手数料 1~1.95%
資金化までの期間 最短で30分
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間のみ
オンライン利用

PAYTODAY(ペイトゥデイ)も、土日祝日に対応しているファクタリング会社のひとつです。

PAYTODAY(ペイトゥデイ)は申込みから審査・契約・振込まで、すべてオンラインで完結することが最大の特徴となっています。

またオンラインが苦手な方なら、対面や電話を選択することも可能です。ただ対面の場合、出張費と事務手数料で3万円が発生するため、なるべくオンラインを利用することをおすすめします。

資金化までも非常にスピーディーで、さらに手数料が1%台と安くなっていることも嬉しいポイントです。

土日に急に現金が必要になったとき、手軽に安く少額から利用できる、おすすめのファクタリング会社となっています。

プロテクトワン

プロテクトワンの概要は、以下のとおりです。

利用額 10万円~
手数料 1.5%~
資金化までの期間 最短で30分
ファクタリング利用対象 個人事業主
ファクタリング形態 2社間・3社間
オンライン利用

プロテクトワンは株式会社PROTECT.ONEが運営するファクタリング会社で、土日祝日も申込み自体は可能です。

手数料は1.5%からと他社と比較しても良心的で、資金化のスピードも最短で30分となっています。

またプロテクトワンは審査の通過率も96%と高水準です。さらに受付から入金まですべてオンラインで完結するため、地方在住の方でも利用しやすいでしょう。

2021年9月設立と設立から間もないながらも、手数料の安さや入金スピード、審査通過率など、総合的なバランスがとれているファクタリング会社です。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングの概要は、以下のとおりです。

利用額 1~25万円(新規登録の場合)
手数料 10%
資金化までの期間 最短で10分
ファクタリング利用対象 個人事業主
ファクタリング形態 2社間のみ
オンライン利用

ペイトナーファクタリングは、ペイトナー株式会社が運営するファクタリング会社です。入金は平日のみですが、オンラインでの審査受付は24時間365日、受け付けています。

個人事業主やフリーランスの方の利用にも向いており、請求書を発行する際はどんな職種でも利用可能です。そのため、個人事業主にとっては非常に魅力的な内容といえるでしょう。

資金化までの期間も最短で10分と、他のファクタリング会社と比較しても圧倒的な早さを誇ります。またすべてオンラインで完結するため、移動時間や面倒な手間を省きたい方にもぴったりでしょう。

手数料は一律10%、また初期費用や月額利用料もかからないため、良心的なファクタリング会社です。

株式会社JTC

株式会社JTCの概要は、以下のとおりです。

利用額 100万円~
手数料 1.2%
資金化までの期間 最短で1日
ファクタリング利用対象 法人
ファクタリング形態 2社間・3社間
オンライン利用 可(初回のみ面談必須)

株式会社JTCは、名古屋に本社を構えるファクタリング会社です。営業所は東京や大阪にも構えています。

累計取り扱い金額は500億円以上、相談件数は毎月1,000件以上の実績がポイントです。

株式会社JTCは土日でも受付対応を行っています。出張にも対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して利用できるでしょう。

ただJTCでは初回のみ、オンラインでは完結せず、対面での面談が必須です。また最低利用金額が100万円からとなっていることから、個人事業主よりは「中規模以上の法人向け」といえます。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMo(ククモ)の概要は、以下のとおりです。

利用額 なし
手数料 2社間:1%~

3社間:なし

資金化までの期間 最短で2時間
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間・3社間
オンライン利用

土日祝日に申し込みが可能なファクタリング会社として、QuQuMo(ククモ)も挙げられます。

QuQuMo(ククモ)はファクタリングの利用に対し、「気軽さ」を全面に出していることが最大の特徴です。

たとえば手続きはすべてオンラインで完結するうえ、用意する書類も通帳と請求書の2点で済みます。債権譲渡登記の設定なども必要ありません。

また資金化までの期間も最短2時間と、他のファクタリング会社に比べても圧倒的な早さを誇ります。

わずらわしい契約や手続きなどが苦手で、スピーディーかつ気軽に資金調達をしたい個人事業主の方にはぜひおすすめです。

ウィット

ウィットの概要は、以下のとおりです。

利用額 30万円~
手数料 非公開

(推定)

2社間:10~30%程度

3社間:1~10%程度

資金化までの期間 最短で2時間
ファクタリング利用対象 法人・個人事業主
ファクタリング形態 2社間・3社間
オンライン利用

ウィットも土日祝日の申込みが可能なファクタリング会社のひとつです。

資金化までの時間が最短2時間ととても早く、手続き等はすべてオンラインで完結します。対面の必要が一切ないため、手軽かつスピーディーな資金調達が可能です。

またウィットはファクタリングのみならず、中小企業向けのコンサルティングサービスも設けており、資金繰りに関するさまざまな悩みに応じています。

このようなひとつひとつのサービスの質の高さが、お客様満足度94%という実績につながっています。

ファクタリングの資金調達や入金は一般的に平日のみ

ファクタリングの資金調達や入金は一般的に平日のみ

ごく一部のファクタリング会社は、土日でも即日入金に対応可能です。しかし全体的に見ると、やはりほとんどのファクタリング会社は平日のみの営業、かつ土日は休日となっています。

Web サイトなどに「24時間365日対応」と記載されているファクタリング会社もたくさんあります。しかしこれはスタッフによる対応ではなく問い合わせフォームによる情報送信は24時間365日受け付けている」ととらえて差し支えないでしょう。

ほとんどの一般的なファクタリング会社では、現金化までの作業も平日にしかできません。どうしても土日に急に現金が必要な場合は、「土日の即日入金に対応」しているファクタリング会社を選ぶことになります。

土日の即日入金に完全対応しているファクタリング会社は、

  • えんナビ
  • labol(ラボル)

の2社です。

申込・店舗受付・電話サポートに対応している会社は多い

一般的なファクタリング会社では、ほとんどが土日は休日となっています。そのため土日に、即日で現金を用意するのは難しいのが現状です。

ただ即日入金に対応していない会社が多いとはいえ、「申込みや店舗受付、電話サポートは対応している」というファクタリング会社は多い傾向です。具体例として、以下のような会社が挙げられます。

  • TRY(トライ)
  • オンファクト
  • PAYTODAY(ペイトゥデイ)
  • プロテクトワン
  • ペイトナーファクタリング
  • 株式会社JTC
  • QuQuMo(ククモ)
  • ウィット

「土日が明けて平日になったら、すぐに現金が必要になる」という方は、土日のうちの上記のファクタリング会社にて、受付・申込みを済ませておくとスムーズでしょう。

土日祝にファクタリングを利用するために知っておくべきポイント

土日祝にファクタリングを利用するために知っておくべきポイント

この章では土日祝日にファクタリングを利用する際に知っておくべきポイントを、以下のとおり解説します。

  • 2社間ファクタリングを利用する
  • 債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を選ぶ
  • 土日のうちに審査までは済ませておく

土日での即日入金を希望している方は、ぜひ参考にしてください。

2社間ファクタリングを利用する

土日祝日にファクタリングを利用するなら、2社間ファクタリングがおすすめです。

2社間ファクタリングなら債権譲渡のことを売掛先に通知する必要がありません。ファクタリング会社と契約後は、すぐに売掛債権を売却できるためです。

ファクタリング会社に申し込んで、審査にさえ通過すれば、土日でも即日入金が実現できます。

しかし一方の3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングを利用する旨を伝えて承諾を得る必要があります。ここで売掛先が土日休みだった場合、承諾が得られないためファクタリングの利用ができません。

土日に即日入金を希望している方は、2社間ファクタリングを選びましょう。

債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を選ぶ

土日祝日にファクタリングを利用するなら、「債権譲渡登記が必要ないファクタリング会社」を選びましょう。

債権譲渡登記は、法務局にて手続きを行う必要があるためです。その法務局は、土日の受付を行っていません。

ちなみに債権譲渡登記がある会社のメリットは、手数料が安くなったり、審査通過率が上がることです。

しかし「土日に現金がほしい」といった急ぎの用事の場合、この債権譲渡登記は間違いなく手間になるため、デメリットとなってしまうでしょう。

したがって土日にファクタリングを利用するなら、債権譲渡登記が必要ないファクタリング会社を選ぶことがおすすめです。

土日祝のうちに受付や申込みまでは済ませておく

もし即日入金ができなくても、土日のうちに受付や申込みは済ませておきましょう。

受付や申込みを済ませておけば、休日明け入金がスムーズになる可能性が高くなるためです。

本来なら土日に即日入金されるのがベストですが、それができるファクタリング会社の数は多くはありません。もし審査に落ちた場合、「土日でも受付・申込み・審査ならできる会社」を利用するしかありません。

休日明けにスピーディーな現金化を実現するため、必要な手続きは土日のうちに済ませておきましょう。

土日にファクタリングを利用するときの注意点

土日にファクタリングを利用するときの注意点

土日祝日にファクタリングを利用するときの注意点は以下です。

  • 土日祝対応=土日祝入金ではない
  • 必要書類は平日でないと揃えるのが困難

この章では、それぞれ順を追って解説していきます。

土日祝対応=土日祝入金ではない

ファクタリング会社の「土日祝対応」は、「土日祝入金」ではありませんので、注意しましょう。

Webサイトなどに「土日祝対応」と書いていても、実際のところ土日の「即日入金には対応していない」ケースが大半です。

「土日祝日の即日入金」に対応しているファクタリング会社は、2022年12月現在、以下の2社のみとなっています。

  • えんナビ
  • labol(ラボル)

上記以外のファクタリング会社は、申込みや受付は土日も行っていますが、「入金」は週明け以降になるので、注意しましょう。

必要書類は平日でないと揃えるのが困難

ファクタリングの利用に必要な書類は、平日でないと揃えるのが困難な点も、注意が必要です。

ファクタリングを利用する場合、商業登記謄本や印鑑証明といった公的書類が欠かせません。さらにファクタリング会社によっては「債権譲渡登記」を求められるケースもあり、その場合は法務局での手続きが必要です。

ファクタリングに必要な書類は公的なものが多いため、土日に「現金が必要だ」と思い立っても、その日のうちにすべての書類を揃えるのは難しいでしょう。

そのため現金が急に必要なときに備えて、常に以下の公的書類はすぐ出せる状態にしておくことをおすすめします。

  • 売却希望の請求書
  • 売却希望の請求書(過去3ヶ月分)
  • 基本契約書・注文書・納品書などの、請求額の根拠書類
  • 直近3期分の決算書
  • 資金繰り表
  • 国税・地方税の納税証明書
  • 社会保険料の納付書
  • 借入契約書
  • 会社名義の預金通帳のコピー
  • 顔写真つきの本人確認書類
  • 申込書
  • 他社ファクタリング契約書(他社でファクタリングを契約中、または過去に契約したことがある場合)

土日祝にファクタリング以外で現金を受け取る方法

土日祝にファクタリング以外で現金を受け取る方法

土日に現金が必要でファクタリングを利用したくても、書類や審査の関係で利用できない場合もあるでしょう。

そんな時、ファクタリング以外で現金を受け取る方法は以下のとおりです。

  • カードローンにて代表者および個人で借りる
  • クレジットカードや法人カードのキャッシングを利用する
  • 周囲の人から借りる

それぞれ解説します。

カードローンにて代表者が個人で借りる

カードローンにて、代表者が個人で借りる方法です。

具体的には代表者個人の資金を法人に貸し付け、事業資金にするということです。その貸し付けによって不足してしまった代表者個人の資金や生活費は、消費者金融のカードローンでまかないます。

例外もありますが一般的に、消費者金融や銀行が提供するカードローンでは、事業資金用途での利用はできません。さらに法人の代表者は、個人事業主向けのカードローンも利用できないのが現状です。

そのため事業資金の用途であれば、ビジネスローンを利用することになりますが、基本的に土日は受付は不可能となっています。

ただ上記の方法は、決しておすすめできる方法ではありません。

本来なら個人向けカードローンの借入金を、事業資金に貸し付けるのはNGです。もし発覚した場合、一括返済を求められるリスクもあります。

そのため土日になんとしてでも現金が必要な場合でのみ使う最終手段といったスタンスで考えておきましょう。

クレジットカードや法人カードのキャッシングを利用する

土日に現金を受け取る方法2つ目は、クレジットカードか法人カードのキャッシングを利用する方法です。

具体的には代表者個人の資金を法人に貸し付け、事業資金にします。その貸し付けによって不足してしまった代表者個人の資金や生活費は、消費者金融のカードローンでまかなうといった流れです。

こちらは代表者個人のクレジットカードにキャッシング枠があればすぐ利用できるものの、決しておすすめできる方法ではありません。借入金を事業資金に利用することは本来NGな行為のため、発覚したら一括返金を求められるケースもあります。

どうしても他の方法でなんともならず、やむを得ない場合に限り行う「最終手段」と考えておきましょう。

周囲の人から借りる

最終手段にはなりますが、こちらは家族や友人、もしくは役員などの周りの人から借りる方法になります。

現金が用意できないせいでビジネスが停滞してしまうのであれば、頭を下げてお願いするほうが賢明です。

ただ周囲の方からお金を借りる場合、以下のことは必ず行いましょう。

  • 借用証明などに捺印し、自分と相手とで1部ずつ共有する
  • 約束の期限までには必ず返金する

「お金の切れ目は縁の切れ目」という言葉もあるように、お金の貸し借りはトラブルの原因になりやすいです。ビジネスにはお金も大切ですが信頼も大切なので、慎重に行いましょう。

まとめ

まとめ

土日祝日でも即日入金に対応しているファクタリング会社は、決して多くはありません。

また条件に合う会社に出会えても、土日のため必要な公的書類が揃わず、結果としてファクタリングを利用できないこともあります。

土日にファクタリングを利用する可能性があるなら、必要書類だけでも平日のうちに、余裕をもって準備しておくことが大切です。

資金繰りに関しては常に「いざというとき」のことを意識しておきましょう。

注文書ファクタリング会社 - BESTPAY