カテゴリの記事一覧

カテゴリ名

ファクタリングはフリーランスに最適|業者選びのポイントとは

注文書・発注書のスピード買取・資金調達なら

ファクタリングは、売掛債権を売却することで売掛金の支払い日より前に資金調達する方法です。

フリーランスでも利用可能であり、銀行融資と比較すると、審査に手間がかからず入金スピードが速いことで、近年注目されています。

ここでは、フリーランスでもファクタリングが利用可能な理由や、おすすめの業者、ファクタリングを利用するおすすめシーンなどを紹介しています。

フリーランスで資金繰りに悩んでいる人、ファクタリングが利用できるのか不安に思っている人は、ファクタリング会社の選び方が分かります。

ファクタリングを利用すると、資金繰りが円滑化する可能性が高いため、参照ください。

フリーランス・個人事業主もOK!

注文書買取受注債権即現金化

キャッシュフローのスピード改善

BESTPAY

注文書買取

最短翌日入金

発注者の
承諾不要

ノンリコース
だからリスク

0

利用額
100万〜

3億円

\ まずは電話で簡単スピード診断! /0120-927-565
\ 24時間受付!WEBで気軽に診断! /注文書買取・診断を申込む

フリーランスでも売掛債権を持っていればファクタリングが利用可能

フリーランスでも売掛債権を持っていればファクタリングが利用可能

ファクタリングは、売掛債権を売却して資金調達する仕組みであることから、債権を所有していればフリーランスでも利用可能です。

フリーランスではファクタリングを利用できないケースは、以下の理由があります。

  • 債権額が小さく、取り扱いのないファクタリング会社がある
  • 取引が不安定
  • 売掛債権を所有していない
  • 売掛債権の信頼度が低い
  • フリーランスを対象外としているファクタリング会社が多い

フリーランスでも、安定して売掛先との取引があること、定期的に売掛債権が発生しているなど、債権の信頼度があればファクタリングは利用可能です。

ファクタリング会社でも、少額の債権が利用できるところや、フリーランス向けのところもあるため、探してみましょう。

フリーランスでも利用しやすい少額債券に対応している業者や、フリーランスを得意とする業者を、記事の後半で紹介しているので、以下をクリックしてご確認ください。

フリーランスにおすすめする5つのファクタリング会社

次に業者選びのポイントを紹介します。

フリーランスでファクタリング会社を選ぶ4つのポイント

フリーランスでファクタリング会社を選ぶ4つのポイント

フリーランスでファクタリングを利用する場合は、フリーランス・個人事業主専門の業者を選ぶのがおすすめです。

具体的に、以下の4つのポイントについて解説します。

  • ファクタリングの利用が可能かどうか
  • 債権額が少額でも取り扱い可能かどうか
  • 手数料の上限が明記されているかどうか
  • オンラインファクタリングが可能かどうか

ファクタリング会社を選ぶポイントを抑えて、自身に合った会社を探しましょう。

ファクタリングの利用が可能かどうか

ファクタリング会社の中には、個人事業主は利用不可としているところもあるため、そもそもファクタリングが利用できるのかを確認しましょう。

フリーランスは法人と異なり、債権額が少額の場合が多く、ファクタリング会社にメリットが少ないことから、取り扱わないことがあります。

債権額が少ないということは、ファクタリング会社の利益となる手数料も低くなるため、少額よりも多額の債権を買い取りたいとファクタリング会社は考えているからです。

また、フリーランスは売掛先との取引が安定していないと判断されることも多く、債権の信頼度が低いと捉えられてしまうことから、ファクタリング自体を取り扱わない業者があります。

以上のことから、フリーランスがファクタリングを利用する際は、取り扱われているかを確認しましょう。

債権額が少額でも取り扱い可能かどうか

ファクタリング会社によっては、債権の買取金額の下限を設定しているところがあります。

フリーランス向けのファクタリング会社では、最低1万円の債権から買取可能としているところもあるため、自身の取引したい売掛債権が利用できる金額なのかを確認しましょう。

手数料の上限が明記されているかどうか

売掛金から手数料を引いた金額が入手できるため、手数料はなるべく抑えたいところでしょう。

一律〇%】【〇〜〇%】と、手数料の幅が明記されているファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

例えば【10%〜】と明記されたファクタリング会社を利用したところ、実際には17%手数料が取られたなど、上限が書かれていないと予想以上の手数料がかかる可能性があります。

ファクタリング会社を選ぶときは、手数料の上限が明記されているところや、明記されていない場合は問い合わせ時に確認してみましょう。

オンラインファクタリングが可能かどうか

オンラインファクタリングは、ネット上で契約が完結するため、時間がかからずに資金調達できることからフリーランスにおすすめです。

また、人件費や書類にかかる収入印紙代などの諸経費がかからないため、手数料が抑えられる傾向があります。

フリーランスは本来の業務に加えて、請求書の作成や会計処理などの事務作業も自分で行わなければならず、仕事量が多いです。

時間を有効活用でき、かつ手数料を抑えて利用できるオンラインファクタリングは、フリーランスにおすすめと言えます。

ただし、ファクタリング会社の信用度が判断しにくい部分もあるため、ファクタリングの利用経験がない人や、業者への信用度が心配な場合は、対面での契約も検討しましょう。

フリーランスにおすすめする5つのファクタリング会社

フリーランスにおすすめする5つのファクタリング会社

具体的に、フリーランスにおすすめのファクタリング会社を5社紹介します。

以下の表に特徴をまとめ、さらに詳しい情報を後述しますので参照ください。

ペイトナーファクタリング PAY TODAY OLTA labol フリーナンス
オンライン取引の有無
手数料 10%固定 1~9.5% 2~9% 10%固定 3~10%
取引可能な債権額 初回1~25万円 10万円~ 下限・上限なし 1万円~ 上限25万円
契約に必要な書類
  • 請求書
  • 顔つき身分証明証(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート)
  • 実態確認資料(サイトURLまたは口座入出金履歴)
  • 直近の確定申告書一式
  • 直近6カ月以上の入出金明細
  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 昨年度の決算書一式(貸借対照表、損益計算書、勘定科目明細)
  • 入出金明細
  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 請求書
  • 取引先とのエビデンス(請求確認メールのスクショ、取引先からの過去の入金履歴、押印済みの契約書・発注書、通帳のコピー)
  • 請求書
審査にかかる時間 最短10分 最短30分 24時間以内 最短1時間 24時間以内

ペイトナーファクタリング

出典元:ペイトナー株式会社

審査に必要な書類が少なく、準備に手間がかかりません。

オンラインで全て完結し、電話や面談は一切ないため、時間がない中でも資金調達が可能です。

ただし、初回の買取可能金額が25万円までであることから、調達したい資金がそれ以上の場合は利用できません。

初回以降は、取引の様子に応じて最大100万円まで買取可能となるため、初回は少額から取引を開始して、様子を見たいという人は利用を検討してもよいでしょう。

少額の取引を希望するフリーランスにおすすめのファクタリング会社と言えます。

PAY TODAY

出典元:Dual Life Partners株式会社

手数料が1%から利用でき、ファクタリング業界で最低ラインを実現した業者です。

売掛金の支払期日が、90日後までの債権が利用可能であることも魅力の一つです。

通常、ファクタリングでは売掛金の支払期間が長いものは信頼度に欠けると判断され、手数料が高くなったり、審査に通らなかったりします。

PAY TODAYでは、90日後という支払期間の長い債権でも、1〜9.5%の手数料で取引できるため、利用しやすい業者と言えるでしょう。

OLTA

出典元:OLTA株式会社

債権額の上限・下限が設定されていないため、支払期日前の売掛債権であれば金額を問わず取引可能なことが、フリーランスにとってメリットと言えます。

手数料も2~9%と低い水準で取引可能です。

ただし、開業届提出後、事業用口座の取引が4カ月以上で利用可能と条件が設けられているため、開業直後では利用できない点に注意しましょう。

labol(ラボル)

出典元:株式会社ラボル

フリーランスや小規模事業所向けのファクタリング会社です。

他のファクタリング会社の審査に落ちた人や、開業直後の人、新規の取引先との債権でも買取可能なのが魅力と言えます。

取引可能金額は1万円からであり、本当に必要な分だけの資金が調達できます。

フリーナンス

出典元:GMOクリエイターズネットワーク株式会社

フリーランス向けの金融サービスであり、具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 即日払い(ファクタリング)
  • あんしん補償
  • 損害賠償保険

フリーナンスの口座を開設し、取引先との入出金に利用しておくと、即日払いをするときには請求書を提出するだけで即日中に資金調達が可能です。

フリーランスは、万が一の金銭トラブルや業務中の事故などの補償も、自分で手配しなければなりません。

フリーナンスに登録すると、ファクタリングだけでなく補償も付けられるため、開業したばかりで補償や保険について考えていなかった人はおすすめのサービスと言えます。

フリーランスがファクタリング利用を検討する3つのシーン

フリーランスがファクタリング利用を検討する3つのシーン

フリーランスがファクタリングを利用するのにおすすめと言える、3つのシーンを紹介します。

  • 売掛金の支払期日より前に資金が欲しいとき
  • 銀行融資の条件が揃わないまたは審査に落ちたとき
  • 手間を省いて資金調達したいとき

資金繰りに悩んでいるが、ファクタリングをいつ利用したらよいのか、タイミングが分からないという人は参考にしてください。

売掛金の支払い日より前に資金が欲しいとき

ファクタリングは売掛債権を売却することで、売掛金を支払期日より前に入手する方法です。

例えば、10万円の売掛債権の支払期日が2カ月後だったとします。

1カ月後に15万円の支払いがあるのに、資金が手元にない場合にファクタリングを利用して資金を調達し、支払いに充てられます。

手元にある資金で支払いができない場合に、ファクタリングで売掛金の前払いをすることで、支払いの遅延を防ぐことが可能です。

銀行融資の条件が揃わないまたは審査に落ちたとき

フリーランスが銀行融資を申し込むには、開業届を提出していることが絶対条件となります。

資金が手元に欲しいタイミングに、開業届の提出が間に合わない場合は、条件が揃わないため銀行融資に申し込めません。

開業届を提出後、銀行融資を申し込んだとしても審査に時間がかかることから、資金が手元に欲しいタイミングに間に合わない場合も考えられます。

また、銀行融資に申し込んでも審査に落ちてしまう可能性もあります。

以上の場合は、審査期間が短く審査に通りやすいファクタリングを利用するのがおすすめです。

手間を省いて資金調達したいとき

フリーランスは本来の業務に加えて、やらなければならない雑務が多く、時間が足りないと思っている人も多いでしょう。

なるべく手間を省いて資金調達したいと思っている人にも、ファクタリングの利用がおすすめです。

ファクタリングと銀行融資の資金調達までの流れを比較します。

ファクタリング 銀行融資
審査期間
  • 2社間:即日~数日
  • 3社間:2~3週間
1週間~1カ月
必要種類
  • 確定申告書
  • 印鑑証明
  • 売掛債権
  • 取引先との契約書
  • 決算書一式
  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 試算表
  • 事業計画書
  • 資金繰り表
  • 本人確認書類

銀行融資は、担当者との面談が必要であり、書類の準備から審査までに時間がかかることが分かります。

審査にも1週間〜1カ月かかることが多く、ファクタリングよりも審査期間が長いです。

また、ファクタリングはオンラインを利用すれば、即日中に資金が入手できるところも多いです。

銀行融資と比較すると、ファクタリングは資金調達にかかる手間が省けると言えるでしょう。

フリーランスがファクタリングを利用する際の5つのメリット

フリーランスがファクタリングを利用する際の5つのメリット

フリーランスがファクタリングを利用するメリットを5つ紹介します。

  • 入金スピードが速い
  • 審査に通りやすい
  • 保証人や担保が不要
  • 貸し倒れのリスクを回避できる
  • 借金にはならないため信用度が落ちる心配がない

事業を安定させるためのメリットもあるため、しっかり確認しておきましょう。

入金スピードが速い

入金スピードについて、ファクタリング(2社間・3社間)と、銀行融資で比較してみましょう。

2社間 3社間 銀行融資
入金までにかかる期間 即日~数日 2~3週間 1週間~1カ月

ファクタリングの魅力は、資金調達にかかる時間が短く、最短で契約したその日のうちに入金されることです。

特にフリーランス向けのファクタリング会社は、オンラインで完結するところがほとんどであり、審査はAIが行っています。

そのため、審査にかかる時間が更に短く、即日でも1時間ほどで入金される場合もあります。

入金スピードが速いのは、ファクタリングのメリットと言えるでしょう。

審査に通りやすい

ファクタリングは売掛債権の信頼度を重視して審査されることから、取引先の信頼度が高ければ審査に通りやすいです。

ファクタリングと銀行融資の審査基準について、以下の表を参照ください。

ファクタリング 銀行融資
審査基準
  • 売掛先の支払い能力の有無(経営状況、資産の有無、取引の内容など)
  • 売掛金の支払期日の長さ
  • 二重譲渡していないかどうか
  • 売掛債権が支払期日前のものかどうか
  • 希望する融資額が妥当かどうか
  • 融資した資金の使い道は明確になっているか
  • 返済能力の有無

ファクタリング会社にとって、売掛金の未回収が最大の損失であることから、売掛金の支払元である取引先に重点が置かれます。

一方銀行融資は、自分の支払い能力や、融資した資金の使い道について厳重に審査されるため、事業が安定していない場合は返済能力がないとみなされ、審査に通りにくいです。

以上のことから、ファクタリングは審査に通りやすく資金調達しやすいと言えます。

保証人や担保は不要

ファクタリングは売買契約にあたることから保証人や担保は不要とされています。

銀行融資は貸付であり、確実に融資した資金を回収するために、保証人や担保が必要になります。

フリーランスは、個人資産しか担保にできるものはなく、加えて保証人もよほど信用がなければ立てることが困難であることから、保証人や担保が不要な点は大きなメリットと言えるでしょう。

貸し倒れのリスクを回避できる

ファクタリングを利用して、あらかじめ売掛金を入手しておけば、万が一売掛金が未回収となっても支払い義務が発生しないため、貸し倒れの危険性が回避できます。

償還請求権という、売掛先から支払いがなかったときに、ファクタリング会社が自社に売掛金の支払いを請求する権利が、ファクタリング会社によってあるところとないところがあります。

償還請求権がない業者を選べば、売掛金が未回収となっても自分が支払うことはないため、安心してファクタリングが利用できます。

一方で、償還請求権のあるファクタリング会社の場合、違法業者の可能性が非常に高いため、償還請求権の有無は確認が必須です。

借入にはならないため信用度が落ちる心配がない

ファクタリングは売買契約であり、借入にはなりません。

借金がなく、経営が安定しているとみなされるため、信用度が落ちる心配がないのは大きなメリットでしょう。

今後事業の拡大のために銀行融資を検討している人は、信用度が落ちないファクタリングを利用して、資金調達するのがおすすめです。

フリーランスがファクタリングを利用する際の2つのデメリット

フリーランスがファクタリングを利用する際の2つのデメリット

メリットがある一方で、フリーランスがファクタリングを利用するときのデメリットを2つ紹介します。

  • フリーランスはファクタリング会社の選択肢が少ない
  • 手数料が高い

ファクタリング会社を探すのが大変な場合や、手数料が高いことで資金繰りが上手くいかなくなる危険性もあるため、デメリットを抑えておきましょう。

フリーランスはファクタリング会社の選択肢が少ない

フリーランスは所有している売掛債権額が少ない場合が多く、ファクタリング会社にメリットが少ないことから、取り扱っている業者が少ない傾向にあります。

債権額が少ないということは、ファクタリング会社にとって利益となる手数料も少額になるため、収益につながる取引とは言い難いからです。

希望するファクタリング会社が、フリーランスや少額債券を対象に取引できるとは限らないところが、デメリットと言えるでしょう。

手数料が高い

ファクタリングの手数料は、銀行融資と比較すると高い傾向があります。

ファクタリングと銀行融資の手数料の相場は、以下の通りです。

  • 2社間:10~20%
  • 3社間:1~10%
  • 銀行融資:数%~14%前後

銀行融資は年率で表現されているため、ファクタリングの手数料を年率に置き換えると、12〜240%になります。

また、フリーランスは法人より社会的な信頼度に欠けると判断されがちなことや、安定して取引ができていない債権である場合は、手数料が高く設定されやすいです。

ファクタリング自体が手数料が高い取引であるため、少しでも抑えたい人はフリーランス向けのファクタリング会社や、オンラインファクタリングを利用するなど、工夫しましょう。

ファクタリングは法的根拠のある取引であり違法ではない

ファクタリングは法的根拠のある取引であり違法ではない

ファクタリングは手数料が高いことや、一部の違法業者により違法ではないかと言われていますが、法的根拠のある取引であり違法ではありません。

ファクタリング自体は、法的根拠のある取引ではありますが、個人の給与を債権とした給与ファクタリングには注意が必要です。

以下の2つの項目について詳しく解説します。

  • ファクタリング自体は法的根拠のある取引である
  • 給与ファクタリングは貸金業に該当する

ファクタリングの法的根拠や、給与ファクタリングとはどのような取引なのかについて理解し、違法業者に惑わされないようにしっかり情報を確認しましょう。

ファクタリング自体は法的根拠のある取引である

フリーランスが利用する可能性が高い2社間ファクタリングは、民法第555条にある【売買契約】であることから、法律に基づいた取引だと言えます。

民法第555条

売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

引用:民法|e-Gov法令検索

私たちが日常で代金と引き換えに商品やサービスを購入することが、売買契約にあたります。

ファクタリングも同様に、代金(売掛債権)と引き換えに商品やサービス(手数料を引いた売掛金)を入手することにあたるのです。

また、3社間の場合は民法466条、467条が適用されています。

民法第466条(債権譲渡)

債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

引用:第466条|民法|e-Gov法令検索

 

民法第467条(債権の譲渡の対抗要件)

債権の譲渡(現に発生していない債権の譲渡を含む。)は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

引用:第467条|民法|e-Gov法令検索

要約すると【債権の譲渡は、利用者とファクタリング会社の双方が同意していれば可能である。しかし、ファクタリング会社が取引先や第三者に債権が譲渡されたことを主張するための手続きが必要である】となります。

3社間は、利用者・ファクタリング会社・取引先の同意のもと契約されることから、民法第466条、467条のもと成立していると言えます。

以上のことから、ファクタリングは法律に則った正当な取引とされています。

給与ファクタリングは貸金業に該当する

給与ファクタリングとは、個人の給与を債権として支給日より前に資金を入手することを言います。

給与ファクタリングが貸金業に該当すると判断される理由は、以下の通りです。

  • 労働基準法により給与は労働者本人にのみ支給しなくてはならないと定められている
  • 上記の理由から、ファクタリング会社は利用者からしか代金を取り立てることができないため貸金業に該当すると言われている

上記の2点から、給与ファクタリングは貸金業であること、ファクタリング会社は貸金業登録をしていないため、このような取引は違法にあたります。

金融庁からも、以下のような注意喚起がされていますので、ご確認ください。

「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。

貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年率換算すると数百~千数百%になる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった私生活の平穏を害するような悪質な取立ての被害を受けたりする危険性があります。

引用:ファクタリングに関する注意喚起|金融庁

以上のことから、ファクタリング会社で給与を債権にして資金調達できると言われた場合は、違法業者の可能性が高いため、利用しないようにしましょう。

ファクタリングはフリーランスが資金調達するのにおすすめの手段

ファクタリングはフリーランスが資金調達するのにおすすめの手段

ファクタリングは、フリーランスの資金繰りに最適な資金調達方法です。

審査に時間や手間がかからず利用しやすいこと、銀行融資とは異なり、保証人や担保を必要としないこともメリットと言えるでしょう。

さらに、借入にはならないため、今後事業が軌道に乗った頃に銀行融資を検討している人には、信頼度が高いと判断され、審査に通りやすくなる可能性があります。

フリーランス向けのファクタリング会社を利用すれば、オンラインで完結するところが多く手数料を抑えて、かつ時間がかからないためおすすめです。

自分に合ったファクタリング会社を探して、資金繰り改善にファクタリングを利用しましょう。

 

注文書ファクタリング会社 - BESTPAY