カテゴリの記事一覧

カテゴリ名

請求書買取ファクタリングとは?仕組み・メリット・デメリットを解説

注文書・発注書のスピード買取・資金調達なら

商品やサービスを納品したが、売掛金が入金されるまで数カ月かかるので、次の仕事を受注できないなどといった資金繰りの悩みをお持ちの経営者も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決できる資金調達方法が、請求書買取ファクタリングです。

この記事では、銀行からの借入などとは異なる資金調達方法である請求書買取ファクタリングの仕組みやメリット、デメリットなどについて解説します。

フリーランス・個人事業主もOK!

注文書買取受注債権即現金化

キャッシュフローのスピード改善

BESTPAY

注文書買取

最短翌日入金

発注者の
承諾不要

ノンリコース
だからリスク

0

利用額
100万〜

3億円

\ まずは電話で簡単スピード診断! /0120-927-565
\ 24時間受付!WEBで気軽に診断! /注文書買取・診断を申込む

請求書買取ファクタリングとは?

請求書買取ファクタリングとは?

請求書買取ファクタリングは、企業や個人事業主が所有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化するサービスです。

通常、納品してから取引代金(売掛債権)が支払われるまで、1~2カ月かかります。その期間は現金が入ってこないため、資金繰りに困ることもあるでしょう。

しかし、請求書買取ファクタリングでは、請求書発行時点で現金化できるため支払いサイトを短縮することができ、資金繰りの課題を解消することが可能です。請求書買取ファクタリングのことを、一般的にファクタリングと呼びます。

請求書買取ファクタリングの仕組み

請求書買取ファクタリングの仕組み

請求書買取ファクタリングには、2社間ファクタリング3社間ファクタリングがあります。

2社間請求書買取ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングは、次の流れで手続きを行います。

  1. 企業や個人事業主などのファクタリング利用者が、ファクタリング会社に請求書(売掛債権)を売却
  2. ファクタリング会社が、請求書の額面から手数料を差し引いた金額を利用者に入金
  3. 発注企業が、利用者に取引代金を入金
  4. 利用者が受け取った取引代金をファクタリング会社に入金

2社間ファクタリングでは、発注企業にファクタリングの利用は通知されません。そのため、ファクタリングの利用を発注企業に知られたくないという受注企業に向いているシステムです。

また、発注企業の同意が必要ないので、最短即日で入金されます。急ぎの資金調達が必要なときに、利用するとよいでしょう。

3社間請求書買取ファクタリングの流れ

  1. 受注企業(利用者)、発注企業、ファクタリング会社の3社間でファクタリング契約
  2. ファクタリング会社が受注企業に、請求書の金額から手数料を差し引いた金額を入金
  3. 発注企業が、ファクタリング会社に直接、取引代金を入金

3社間ファクタリングでは、受注企業、発注企業、ファクタリング会社の3社間で債権譲渡契約が結ばれます。

取引代金は発注企業が直接、ファクタリング会社に入金するので、審査の段階で発注企業の信用力も加味され、2社間ファクタリングよりも手数料は安くなります。

しかし、受注企業がファクタリングを利用することによって、発注企業からの信頼が低下するという恐れもあります。また、発注企業の同意が必要なため、2社間ファクタリングより資金化に時間がかかるのが難点です。

2社間請求書買取ファクタリングと3社間請求書買取ファクタリングの比較

2社間請求書買取ファクタリング 3社間請求書買取ファクタリング
入金までのスピード 速い 2社間ファクタリングに比べ時間がかかる
手数料 3社間ファクタリングに比べ高い(10~20%) 1~10%
審査 3社間ファクタリングに比べ厳しい 2社間ファクタリングに比べ審査に通りやすい
発注企業への債権譲渡の通知 通知されない 通知される

請求書買取ファクタリングのメリット

請求書買取ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットを理解しておけば、受注企業(利用者)にとって効果的な活用が可能になるでしょう。

資金繰りの悩みを解消できる

ファクタリングを利用すれば、納品して請求書を発行した時点で現金化することができます。

一般的には、納品して請求書を発行しても取引代金が入ってくるまで1~2カ月かかるため、その間、資金不足になり次の仕事を受注できないといったケースもみられます。

そういった資金繰りの課題を解決できるのが、ファクタリングです。

スピーディーに資金調達ができる

ファクタリングは、銀行融資などに比べ入金までにかかる時間が非常にスピーディーです。

申込から入金までに掛かる時間は、銀行融資で1カ月以上、2社間ファクタリングは最短即日、平均2~4日、3社間ファクタリングは平均10~20日です。

最短で資金調達が必要な場合は2社間、発注企業に知られても問題なく、資金が必要なタイミングに余裕がある場合には手数料の安い3社間を利用するとよいでしょう。

売掛債権の売買取引

ファクタリングは、融資や借入ではなく売掛債権の売買取引です。そのため、企業や個人事業主の信用情報に借入の履歴は残りません。

借入を増やしたくない場合などには、ファクタリングを利用するのが適しています。

保証人・担保が不要

ファクタリングは、融資や借入ではないため保証人や担保は不要です。保証人を付けたくない、不動産など担保になるものがないといった場合でも、資金調達が可能です。

赤字決算・債務超過でも利用できる

企業や個人事業主の信用情報を重視する金融機関からの借入より、ファクタリングの審査基準は緩めです。

ファクタリングの審査では、「発注企業の信用力」「売掛金の支払いサイト」「受注企業と発注企業の取引状況」などが重視されます。

赤字決算・債務超過などで金融機関からの借入が難しい場合は、ファクタリングの利用が適しているでしょう。

ノンリコース(償還請求権のない契約)

ファクタリングは、ノンリコースです。リコースとは償還請求権のことで、ノンリコースとは償還請求権のない契約のことをいいます。

発注企業の倒産などで、受注企業(利用者)に代金を支払えなくなり、受注企業がファクタリング会社に入金できなくなった場合でも、ファクタリング会社は受注企業に代金の支払いを求めることはできないのです。

そのため、受注企業は、発注企業の倒産リスクなどを心配せずにファクタリングを利用することができます。

請求書買取ファクタリングのデメリット

請求書買取ファクタリングのデメリット

ファクタリングは売掛債権の早期現金化などメリットの多いシステムですが、デメリットも存在します。デメリットも考慮した上で、有効活用しましょう。

手数料が割高

ファクタリングは売掛債権の売買なので金利はかかりませんが、手数料がかかります。この手数料を銀行融資の金利と比較すると、割高になっています。

具体的には、2社間の手数料は10~20%、3社間の手数料は1~10%、銀行融資の金利は1~4%ですが、ファクタリングの手数料は金利に換算すると数字以上の割高になるのです。

急ぎの資金調達が不要な場合や手数料・金利の安さを優先させたい場合は、銀行融資・借入を利用したほうがよいでしょう。

請求書の額面以内での資金調達しかできない

ファクタリングで資金調達できるのは、請求書の額面から手数料を差し引いた金額です。

それ以上の資金調達が必要な場合は、金融機関の融資・借入などと組み合わせて利用することを検討しましょう。

債権譲渡登記が必要なケースがある

債権譲渡登記制度とは、法人がする金銭債権の譲渡などについて、債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

ファクタリング会社は、他社に買い取られている請求書(売掛債権)を二重に買い取ってしまうリスク(二重譲渡のリスク)などに対して対抗要件を備えるために、債権譲渡登記を行います。

2社間ファクタリングでは、原則的に債権譲渡登記が必要です。しかし、ファクタリング会社によっては、手数料を引き上げることで債権譲渡登記を省略できるところもあります。

また、債権譲渡登記ができるのは、法人のみです。そのため、債権譲渡登記を必須にしているファクタリング会社は、個人事業主やフリーランスは利用できません。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングを利用する際には、企業や個人事業主の状況により以下の点に注意してファクタリング会社を選びましょう。

買取可能額

ファクタリングでは、基本的に請求書(売掛債権)の額面から手数料を差し引いた金額まで資金調達をすることは可能です。

しかし、請求書買取可能額については、ファクタリング会社の規模によって異なります。小規模のファクタリング会社は少額の請求書買取しか対応できませんが、銀行系などの大手ファクタリング会社は数億円の買取に対応しているところもあります。

そのため、自社が買い取ってもらいたい請求書の金額に対応できるかどうか、事前に電話などで確認するようにしましょう。

発注企業への通知

発注企業にファクタリングの利用を知られたくない場合は、2社間ファクタリングが適しています。発注企業に、ファクタリング利用の通知をしないためです。

ファクタリングを利用することによって発注企業からの信頼性に悪影響を及ぼすなどの不安がある場合は、2社間ファクタリングを利用しましょう。

手数料と掛け目

ファクタリングの手数料の相場は、2社間で10~20%、3社間で1~10%です。手数料の安さを重視するなら、3社間ファクタリングを選びましょう。

さらに、ファクタリング会社によっては、買い取る請求書に「掛け目」を設定しているところがあります。掛け目が設定されると売掛金(請求書)の70~90%が買取対象で、残りの10~30%は発注企業から売掛金を回収した後、受注企業(利用者)に支払われます。

ファクタリングで、なるべく多額の資金調達をしたい場合は、手数料が安く掛け目が高いファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリング会社の面談

ファクタリングでは、面談を実施する場合と面談不要の場合があります。ファクタリング会社が面談を実施するのは、「初回の申し込み」「2社間ファクタリングの申し込み」「高額案件の申し込み」などのときです。

面談では、提出書類、経営状況、利用者の人柄などがチェックされます。そのため、提出書類や経営状況の正確な説明、誠実な態度での応対などを心がけましょう。

面談不要の場合は、オンラインですべての手続きが完了します。素早い資金調達が期待できるなどのメリットもありますが、高額な売掛債権の買い取りが不可になる可能性もあるので注意が必要です。

個人事業主・フリーランスの利用

ファクタリング会社によっては、個人事業主やフリーランスの利用はできないところもあります。また、3社間ファクタリングのみに限定しているファクタリング会社もあります。

個人事業主やフリーランスの方がファクタリングの利用を検討している場合は、事前にファクタリング会社に問い合わせましょう。

請求書買取ファクタリングを有効活用して経営を安定させよう

請求書買取ファクタリングを有効活用して経営を安定させよう

ファクタリングは、商品やサービスを納品後、請求書を発行した時点で現金化が可能になるなどメリットの多い資金調達方法です。

しかし、金融機関からの借入金利と比較すると手数料が割高などといったデメリットもあります。そのため、毎回、ファクタリングを利用すると手数料の分、利益が減少してしまいます。

請求書買取ファクタリングを銀行からの借入などと併用するなど、企業や個人事業主の経営状況に合わせて有効活用すれば、資金繰りが円滑になり経営が安定するでしょう。

BESTPAYなら、
仕事を受けた
翌日
注文書・発注書即現金化できます!

発注者の
承諾不要

ノンリコース
だからリスク

0

利用額
100万〜

3億円

\ まずは電話で簡単スピード診断! /0120-927-565
\ 24時間受付!WEBで気軽に診断! /注文書買取・診断を申込む

BESTPAYだから出来る早くて簡単な資金調達

注文書買取 メリット 審査難易度 振込までの日数 調達額 必要書類 リスク

ファクタリング
A社

売掛債権になるまで買取不可

売掛債権の買取により最短当日の入金が可能

2社間であれば審査は通りやいが3社間の場合依頼企業の信用レベルにより審査は通りづらくなる

最短当日

30万円~3億円

身分証明書、決算書、通帳3ヶ月分(表紙付き)、取引内容履歴の確認書類、売掛先との契約書類、発注書、納品書、請求書

3社間契約は手数料は安いが売掛先企業の承諾を得る必要がある。2社間契約は手数料は高いが売掛先企業の承諾を得る必要がない。

注文書の買取が可能

注文書が発行された時点で利用可能な為、着手前の素早い資金調達が可能

比較的審査は通りやすい。依頼企業の倒産リスクがなければ基本的には審査が通る

最短翌日

100万円~3億円程度

注文書(発注書) 通帳3ヶ月分(表紙付き) 本査定申込書

ノンリコースだから補償リスク無し、万が一債権が回収不能になってもお客様がリスクを負う事はありません。

銀行融資

不可

金利が安く返済期間を長く設定ができる

銀行独自の審査基準があり融資審査は 厳しく入金まで時間がかかる

1ヶ月

1,000万円~3億円程度

経営計画書 商業登記簿譜本、決算書類一式、月次決算表(月次試算表)、今後の資金繰り計画書、損益計算書、借入申込書、納税証明書など

会社が倒産・破産したとしても、保証人(連帯保証人)は、会社に代わって会社が弁済すべき債務を弁済する責任を負います。

将来の大きな仕事が
BESTPAYなら今できる。

入金までは簡単3STEP

STEP1. ヒアリング

ヒアリングイメージ

STEP2. 審査

審査イメージ

STEP3. 契約・入金

入金イメージ

審査には、注文書(発注書)、通帳3か月分(表紙付き)、本査定申込書が必要です。

BESTPAYとは

フィンテック企業であるTranzax株式会社から提供を受けた次世代のリスク分析手法を活用する事で、債権が確定する以前の受注ベースの資金化を実現したフィンテック時代の新しい入金保証サービスです。

Tranzax株式会社とは

日本発のFinTechとして電子記録債権を活用したPOファイナンス®等を提供する金融とITを融合したFintech企業です。「電子記録債権法」に基づく電子債権記録機関として国から指定を受け、電子債権記録機関として唯一ISMS (ISO/IEC27001)の認証を取得しています。※ISMSとは、組織における情報資産の安全性を継続的に確保していく仕組みのこと。情報セキュリティマネジメントシステムにおける国際規格ISO/IEC27001に準拠しています。

\ まずは電話で簡単スピード診断! /0120-927-565
\ 24時間受付!WEBで気軽に診断! /注文書買取・診断を申込む
注文書ファクタリング会社 - BESTPAY