カテゴリの記事一覧

カテゴリ名

【厳選8選】即日入金可能なファクタリング会社の特徴や選び方を徹底解説

注文書・発注書のスピード買取・資金調達なら

「入金はまだ先だけど支払いが立て込んでしまい、今日中に資金が必要」

こうした急ぎの場面でこそ、即日入金が可能なファクタリングを利用するのがおすすめです。

ファクタリングは売掛債権を売却して、支払期日よりも早く資金化する資金調達方法です。

資金化までに2週間ほどかかる銀行融資などに比べて非常に早く資金調達ができますが、なかには申込から入金までが1日で完了する「即日資金化」が可能なファクタリング会社も数多くあります。

この記事では、即日入金が可能なおすすめファクタリング会社8選を紹介していきます。

あわせて、急ぎの場面でも失敗しないファクタリング会社の選び方や注意点なども解説しているので、安心して利用するためにぜひ参考にしてください。

フリーランス・個人事業主もOK!

注文書買取受注債権即現金化

キャッシュフローのスピード改善

BESTPAY

注文書買取

最短翌日入金

発注者の
承諾不要

ノンリコース
だからリスク

0

利用額
100万〜

3億円

\ まずは電話で簡単スピード診断! /0120-927-565
\ 24時間受付!WEBで気軽に診断! /注文書買取・診断を申込む

即日入金が可能なファクタリング会社に共通するポイント

即日入金が可能なファクタリング会社に共通するポイント

即日入金を叶える前提として、以下の2点についておさえておきましょう。

  • 2社間ファクタリングである
  • オンラインで完結できる

上記2点は、即日入金が可能なファクタリング会社に共通する重要なポイントです。

詳しく解説していきます。

2社間ファクタリングである

即日入金を希望する場合は、2社間ファクタリングを選択する必要があります。

そもそもファクタリングの契約形態には「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があり、両者の違いは以下のとおりです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
契約主体 利用者・ファクタリング会社 利用者・ファクタリング会社・売掛先
債権譲渡の通知 不要 必要
手数料 高い(10~20%) 低い(2~9%)
資金化までのスピード 即日~数日 数日~1週間程度

即日で資金が必要な場合は、必ず2社間ファクタリングを提供するファクタリング会社に相談しましょう。

2社間ファクタリングは、売掛先に債権譲渡通知が不要で契約できる点が大きな特徴です。

売掛先への通知・承諾を得るステップが不要で資金化ができるため、最短即日での資金調達が可能となります。

そのため、即日入金を希望するなら必ず2社間ファクタリングを選択しましょう。

一方で、3社間ファクタリングは売掛先に債権譲渡の通知・同意を得た上で契約をします。

そのため、売掛先からの返答を待つ時間が発生し、即日入金には対応できません。

しかし、3社間ファクタリングは売掛先の同意を得るため売掛金が支払われないリスクが減り、手数料が安く済むメリットがあります。

オンラインで完結できる

即日入金が可能なファクタリング会社の多くは、申込から入金までをオンラインで完結できます。

オンラインで完結できると、至急の場面にわざわざファクタリング会社に出向かずとも契約が可能です。

さらに必要書類をPDF等で送信できるため、オンライン上で必要書類を取得し、そのままファクタリング会社に提出できます。

手軽に申込ができる反面、対面でないオンライン契約に不安を感じる人もいるでしょう。

オンライン完結でサービスを提供する優良会社は、電話で相談を受け付けたりチャットツール上でお互いの顔を見ながら面談を行ったりと、利用者が安心できるようなサポートが充実しているのが特徴です。

利用する前に、複数社のサポート内容を比較して安心できるオンライン完結型サービスを受けましょう。

即日入金が可能なファクタリング会社8選

即日入金が可能なファクタリング会社8選

ここからは、即日入金ができるファクタリング会社を8社紹介します。

即日入金の実績が豊富なおすすめのファクタリング会社は以下のとおりです。

  • ベストファクター
  • ビートレーディング
  • OLTA(オルタ)
  • ウィット
  • Paytoday(ペイトゥデイ)
  • フリーナンス即日払い
  • アクセルファクター
  • QuQuMo(ククモ)

上記8社について、詳しく解説していきます。

ベストファクター|2社間ファクタリングを専門に取り扱う

出典元:株式会社アレシア ベストファクター

運営会社 株式会社アレシア
設立年 2017年1月
入金スピード 最短即日~3営業日
手数料 2%~(2社間ファクタリングは5%~)
対象者 法人、個人事業主
営業時間 平日10:00~19:00
オンライン完結 ✕(審査時は訪問不要、契約時は訪問・出張が必要)
利用可能債権額 30万円~1億円
必要書類

【審査時】

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 入出金の通帳(Web通帳を含む)
  • 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)

【契約時】

  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本

ベストファクターは、2社間ファクタリングを得意とし、柔軟な審査で平均買取率が92.2%が魅力のファクタリング会社です。

審査時には来社不要で申込画面から請求書を送信するだけですが、契約時には訪問もしくは出張してもらう必要があります。

そのため、会社の近くにベストファクターがなく、オンライン完結を重視する人にとってはデメリットといえます。

しかし対面での契約が可能なため、安心感は大きいでしょう。

ビートレーディング|安心の実績と信頼性が魅力

出典元:株式会社ビートレーディング

運営会社 株式会社ビートレーディング
設立年 2012年4月
入金スピード 最短5時間
手数料 2社間:4~12%

3社間:2~9%

対象者 法人、個人事業主
営業時間 平日9:30~18:30
オンライン完結
利用可能債権額 制限なし
必要書類
  • 債権に関する資料(請求書、注文書など)
  • 通帳のコピー(2ヶ月分)

ビートレーディングは、ファクタリング会社のなかでは比較的長い歴史を持ち、実績・信頼性ともに申し分ありません。

必要書類はたったの2種類で、審査スピードも最短5時間で入金可能と、至急で資金が必要な場面にぴったりです。

また、介護報酬債権や診療報酬債権など幅広い債権の取扱いも行っているので、売掛債権以外の債権を利用したい人はビートレーディングの利用がおすすめです。

OLTA(オルタ)|オンラインファクタリングのパイオニア

出典元:OLTA株式会社

運営会社 OLTA株式会社
設立年 2017年4月
入金スピード 最短即日
手数料 2%~9%
対象者 法人、個人事業主(開業から4ヶ月以降)
営業時間 平日10:00~18:00
オンライン完結
利用可能債権額 制限なし
必要書類
  • 昨年度の決算書一覧
  • 売却予定の請求書
  • 入出金明細

OLTAは、日本ではじめてオンライン完結できるクラウド契約を取り入れたファクタリング会社です。

対面による審査・契約が不要なため、全国どこからでも申込ができます。

即日資金化を希望する地方事業者などは特に利用しやすいでしょう。

初めて利用するときは、本人確認書類をもとにユーザー登録をする必要があります。

ユーザー登録では事前審査が行われるので、至急の場面での利用を見越して事前に登録しておくのもよいでしょう。

登録は無料で、月額料金等もかかりません。

ウィット|500万円以下の小口債権が専門

出典元:株式会社ウィット

運営会社 株式会社ウィット
設立年 2016年11月
入金スピード 最短2時間
手数料 要確認
対象者 法人、個人事業主
営業時間 平日9:00~18:00
オンライン完結 〇(電話・メール対応)
利用可能債権額 500万円以下
必要書類
  • 通帳のコピー(半年分)
  • 成因証書(売掛金が発生したとわかる資料。請求書、契約書など)
  • 直近の決算書(2期分)
  • 代表者の身分証明書
  • 登記簿謄本

ウィットは、500万円以下の小口債権を専門的に取り扱うファクタリング会社です。

中小企業や個人事業主など、比較的小口債権を保有している事業者におすすめです。

他のファクタリング会社では少額なために断られた場合でも、ウィットなら資金化可能な場合があります。

また、最短2時間で資金化をした実績を持つほど資金化スピードに特化しています。

至急な場面かつ小口債権を資金化したい場合は、ウィットを検討するとよいでしょう。

Paytoday(ペイトゥデイ)|最短30分のスピード審査が魅力

出典元:Dual Life partners株式会社 PayToday

運営会社 Dual Life partners株式会社
設立年 2016年4月
入金スピード 最短30分
手数料 1%~9.5%
対象者 法人、個人事業主、フリーランス
営業時間 平日10:00~17:00
オンライン完結
利用可能債権額 制限なし
必要書類
  • 本人確認書類
  • 請求書
  • 入出金明細書(直近6ヶ月)
  • 昨年度の決算書

とにかく入金スピードを重視するなら、最短30分での資金化実績を持つPaytodayがおすすめです。

Paytodayでは審査にAIを取り入れており、Webからの申込と必要に応じた電話面談のみで資金調達が可能です。

また、Paytodayでは「ベンチャー企業のスタートアップ」「地方中小企業」「個人事業主・フリーランス」の3分野に注力しています。

ビジネスチャンスを逃さないように、スピード感のある支援を魅力としているファクタリング会社です。

フリーナンス即日払い|個人事業主・フリーランスの味方

出典元:GMOクリエイターズネットワーク株式会社 フリーナンス即日払い

運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
設立年 2002年4月(サービス開始は2018年10月)
入金スピード 最短即日
手数料 3%~10%
対象者 法人、個人事業主、フリーランス
営業時間 平日10:00~17:00
オンライン完結
利用可能債権額 1万円~
必要書類
  • 本人確認書類
  • 請求書
  • 登記簿謄本(法人の場合)

フリーナンス即日払いは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供する、フリーランスが安心して働くための金融インフラサービス内の1つです。

フリーナンス口座を使えば使うほど与信スコアが高まり、買取手数料も下がっていきます。

個人事業主・フリーランスは、ファクタリング会社によっては断られることもよくあります。

また、債権額も少額になりやすいので手数料も高く取られがちです。

フリーナンスを活用すると個人事業主・フリーランスも最短即日で債権を資金化できるので、利用を検討してみましょう。

アクセルファクター|利用者の5割以上が即日資金化を実現

出典元:株式会社アクセルファクター

運営会社 株式会社アクセルファクター
設立年 2018年8月
入金スピード 最短即日(最短3時間)
手数料 2%~
対象者 法人、個人事業主
営業時間 平日9:00~19:00
オンライン完結
利用可能債権額 30万円~1億円
必要書類
  • 請求書
  • 通帳
  • 身分証明書

アクセルファクターは、利用者の5割以上が即日資金化を実現しているスピード重視のファクタリング会社です。

通常のファクタリング会社では、見積りを出した後に審査を行いますが、アクセルファクターでは見積りと審査が同時に行われるため、時間が短縮されます。

また、審査から契約まで専属の担当者がつくことも特徴の1つです。

途中で担当者が変わらないため引継ぎ事項もなく、入金までスムーズに対応できます。

担当者が変わらないと相談もしやすいため、ファクタリングがはじめてでも安心して利用できるでしょう。

QuQuMo(ククモ)|必要書類の少なさが魅力

出典元:株式会社アクティブサポート QuQuMo

運営会社 株式会社アクティブサポート
設立年 2017年9月
入金スピード 最短2時間
手数料 1%~
対象者 法人、個人事業主
営業時間 平日10:00~17:00
オンライン完結
利用可能債権額 上限なし
必要書類
  • 請求書
  • 通帳のコピー

QuQuMoは、最短2時間で資金化した実績を持つファクタリング会社です。

2時間での資金化は、業界でもトップクラスのスピードを誇ります。

また、QuQuMoではたった2点の必要書類のみで審査が受けられます。

通常ファクタリングを利用するときはさまざまな書類が必要となるため、請求書と通帳のみで審査が受けられるのは、至急の場面において非常に魅力的な点といえるでしょう。

ファクタリングで即日入金されるまでの流れ

ファクタリングで即日入金されるまでの流れ

ファクタリングを申し込んでから即日入金されるまでの流れを解説します。

ファクタリングにおける審査フローを把握しておくことで、ファクタリング会社を選ぶときに「この会社の審査フローで本当に即日資金化が可能かどうか」を見極めるポイントとなります。

即日資金化ができるファクタリング会社の、基本的な審査フローは以下のとおりです。

  1. 公式サイトのフォームまたは電話で申し込む
  2. 担当者との電話にて状況確認と審査・必要書類の案内を受ける
  3. メールや専用フォームにて必要書類を送る
  4. 審査
  5. 審査結果と買取条件や内容の説明を受ける
  6. 問題がなければ契約、入金処理

 

至急の場面では、案内から契約までをサポートしてくれる担当者が非常に重要です。

申し込みの連絡をする際は、即日入金を希望していることを伝えましょう。

利用者に寄り添ってくれる担当者であれば、待たせることなくすぐに折り返しの連絡をくれます。

一方で、即日入金希望と伝えているにもかかわらず何時間も折り返しの連絡がない場合は、その後の対応も遅い可能性が高いので、早めに他のファクタリング会社を検討したほうが懸命です。

至急の場面でも間違えないファクタリング会社の選び方

至急の場面でも間違えないファクタリング会社の選び方

どれほど至急で資金が必要な場面であっても、自社の希望に沿ったファクタリング会社を選ばなければなりません。

ファクタリング会社を選ぶときは、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 手数料は相場の範囲内か
  • 利用可能債権額を満たしているか
  • 償還請求権がない取引であるか

上記について、詳しく解説していきます。

手数料は相場の範囲内か

ファクタリング会社を選ぶときは、即日入金で必須の2社間ファクタリングの相場(10~20%)の範囲内であるかを確認しましょう。

2社間ファクタリングは、債権譲渡通知をせずに資金化する契約です。

即日入金が可能なファクタリング会社は2社間ファクタリングのみなので、相場手数料からかけ離れていないかを必ず確認しましょう。

もし手数料が30%を超えるようであれば、違法な業者を疑ってください。

利用可能債権額を満たしているか

保有している売掛債権が、ファクタリング会社が設定する利用可能債権額を満たしていなければ、申込を断られる可能性があります。

たとえば、利用者が50万円の売掛債権を売却したいと考えていても、ファクタリング会社が100万円以上の債権しか取り扱っていなければ、受け付けてもらえません。

上限に関しては、設定していなかったり融通をきかせてくれたりするファクタリング会社もありますが、下限は設定されているところが多いので必ず確認しましょう。

小口債権であれば、フリーナンスやウィットなど、小口債権の取引実績も豊富なファクタリング会社を中心に検討するとよいでしょう。

償還請求権がない取引(ノンリコース)であるか

安心してファクタリング会社を利用するために、償還請求権がない取引(ノンリコース)であるかどうかを必ず確認しましょう。

償還請求権とは、譲渡した債権の売掛先が倒産などにより売掛金を支払えなくなった場合、その買取金額を利用者に請求できる権利です。

償還請求権がある取引をウィズリコース、償還請求権がない取引をノンリコースといいます。

貸金業登録をしている銀行や消費者金融が提供するファクタリングでは、ウィズリコースが行われる可能性もあります。

ウィズリコースは、債権を担保に融資する貸金業と判断されますが、貸金業登録をしている銀行系は違法になりません。

しかし、一般的なファクタリング会社は貸金業登録を行っておらず、ウィズリコースの契約は違法です。

もしも、一般的なファクタリング会社から償還請求権ありの契約を持ち掛けられた場合は、違法であるため取引をしないようにしましょう。

即日入金してもらうために必要な準備

即日入金してもらうために必要な準備

即日入金を希望するなら、利用者側も審査がスムーズに進むように努力しなければなりません。

具体的には、以下のような準備をしていきましょう。

  • 必要書類を不備なくそろえる
  • 信用力の高い売掛債権を用意する

詳しく解説していきます。

必要書類を不備なくそろえる

ファクタリングの審査に必要な書類は、必ず不備なくそろえましょう。

また、審査の時間を短縮するために不明点を残さないよう注意することも必要です。

審査では、提出された書類をもとに売掛先と利用会社の審査を行います。

もし必要書類が不足していたり不明点が多かったりした場合、修正のために返却されて貴重な時間をロスしてしまいます。

また、最悪の場合は「問題のある売掛先」と判断されて審査落ちする可能性もあるのです。

即日入金を希望するなら、どれほど急いでいても必要書類は不足なく、不明点もないように用意しましょう。

なお、設立したてでどうしても用意できない書類がある場合は、まずファクタリング会社に相談しましょう。

その他の書類を充実させることで審査を受けられる場合もあります。

信用力の高い売掛債権を用意する

審査に通過しやすい信用力の高い売掛債権を用意することも、即日入金を叶えるポイントです。

ファクタリング会社は、利用会社よりも売掛先の与信を慎重に審査します。

債権譲渡契約を結ぶ以上、倒産などの理由で売掛金が支払われなかった場合に損害を被るのはファクタリング会社です。

そのため、ファクタリング会社はしっかりと売掛金を回収できる財務状況であるかを慎重に審査します。

審査の時間を短縮して即日入金を叶えるためには、倒産の心配がない国や地方団体、あるいは業績が安定している大手企業等の売掛債権を用意しましょう。

ファクタリング会社にとって信用できる売掛債権であれば、それだけ審査にかかる時間も短く済みます。

急いでいてもこれだけは気をつけるべき3つの注意点

急いでいてもこれだけは気をつけるべき3つの注意点

どれほど急いでいる状況でも、以下の3点には注意して行動しなければなりません。

  • ファクタリング会社の営業時間に注意
  • 各銀行の振込時間を超過すると着金が遅れる
  • 「即日資金化」を謳った違法業者の存在

非常に重要な注意点なので、詳しく解説していきます。

ファクタリング会社の営業時間に注意

どれほど急ぎで資金が必要な場面であっても、ファクタリング会社の営業時間外であれば対応してもらえません。

また、ファクタリング会社のなかには、24時間受付はできるものの返信は翌営業日としているところもあるのでよく注意しましょう。

この記事で紹介した8社の営業時間をまとめると以下のとおりです。

ファクタリング会社名 営業時間
ベストファクター 平日10:00~19:00
ビートレーディング 平日9:30~18:30
OLTA(オルタ) 平日10:00~18:00
ウィット 平日9:00~18:00
Paytoday(ペイトゥデイ) 平日10:00~17:00
フリーナンス即日払い 平日10:00~17:00
アクセルファクター 平日9:00~19:00
QuQuMo(ククモ) 平日10:00~17:00

上記のように、営業時間はファクタリング会社によってさまざまです。

営業時間を確認せず、すでに営業時間が過ぎているのに問い合わせたり折り返しの連絡を待っていたりしても、貴重な時間をロスするだけとなるので、急いで他のファクタリング会社を検討しましょう。

各銀行の振込時間を超過すると着金が遅れる

ファクタリングに申込をするときは、可能な限り午前中に済ませましょう。

ファクタリングの審査自体は短時間で済んだとしても、銀行の振込可能時間によっては即日入金ができないケースもあります。

たとえば、15:00以降の振込は翌営業日扱いとなる銀行を利用する場合、ファクタリング審査・振込手続きを15:00までに終わらせてもらえなければ即日入金はされません。

利用している各銀行の振込時間を超過してしまうと、着金が遅れてしまうので利用する銀行の振込時間をよく確認し、余裕をもって申込をしましょう。

確実に即日入金を狙うなら、ファクタリング会社への申込は午前中に済ませると安心です。

「即日資金化」を謳った違法業者の存在

即日入金のファクタリングを利用するときは、焦りや不安から冷静な判断が難しい状態です。

違法な業者は、このように至急の場面において冷静な判断ができない事業者をターゲットとしています。

違法業者と取引をしないためには、以下のポイントに沿って違法性がないかどうかを確認しましょう。

ポイント 違法な業者の例
会社情報は正しいかどうか ・所在地が不明である

・代表者名や沿革が明記されていない

手数料は適正かどうか ・30%を超える手数料が請求される

・手数料以外の費用を請求される

契約書があるかどうか ・契約書がない

・契約書があっても説明がなく、押印のみ求められる

返済方法は正しいか ・分割返済が可能である(分割返済は貸金とみなされるため、優良な業者は一括返済のみの対応をとる)
売掛債権の売買がされているか ・保証人や担保を要求される

・給与ファクタリング(貸金業)を提案される

違法な業者は、債権譲渡に見せかけて高金利の貸付を行い、長期にわたって悪質な取り立てを行うことがあります。

優良なファクタリング会社を見極めるときは、必ず正当な債権譲渡契約であるかを確認しましょう。

注文書買取なら仕事受注段階での即日資金化も可能

注文書買取なら仕事受注段階での即日資金化も可能

仕事を受注した段階で資金が必要な場合は、注文書買取を利用するとよいでしょう。

注文書買取とは、仕事を受注したときに発生する「注文書(発注書)」を売却することで資金を調達する方法です。

通常のファクタリングは請求書の売買なので、商品・サービス納入後の資金調達となる一方、注文書買取は仕事を受注した段階で資金調達ができます。

調達した資金は、仕事遂行のために必要な設備費や人件費などの経費に充てられるため、手元資金以上の大口の仕事を受注したいときなどに有効活用できるでしょう。

注文書買取は2社間ファクタリングをベースにしているため、審査もスピーディーで最短即日で資金化が可能です。

仕事を受注したけど手元資金が足りないときは、通常のファクタリングよりも注文書買取を利用するとよいでしょう。

注文書ファクタリング会社 - BESTPAY