利用事例CASES

アパレル事業・法人
衣料品のOEM製造

繊維工場への支払い

調達金額 : 300万円
業種 : アパレル事業  設立 : 4年
所在地 : 東京都  資本金 : 500万円

ご利用の背景

3ヶ月先に入るお金が3日で振り込まれたのには驚きました。初めて利用するサービスで不安な面もあったのですが、思い切って申し込んで良かったです。

BEST PAYのご利用を決めた理由
  • アパレル向けのSaaS導入でお世話になった企業からファクタリングの営業を受けたのですが、請求書買取な上に手数料が不満でした。bestpayさんは注文書買取でしかも安い。利用しない手はありませんでした。
  • 女性に対して親身な対応だったから。以前銀行の人から「コロナ禍でアパレルとか正気ですか」と言われたことがあるのですが、こちらはファクタリング後の資金相談にも乗ってくれました。

工場から生産遅れの連絡が入り納期が延長。
小売店にそのことを説明したら注文をキャンセルされてしまい、
資金繰り(主に他の工場への支払い)に困っていました。

小売店からニットのOEM製造依頼→工場のトラブルで納期が8月から10月に変更→小売店からの注文キャンセル→取引が買取から委託販売に変更

流れとしてはこんな感じです。詳しい説明は省きますが、委託販売とは返品ありの条件付き買取のことで、こちらが在庫を抱えるリスクがあります。特に痛かったのが納期遅れを理由に価格をディスカウントされてしまったこと。おかげで売上が大きくダウンしてしまいました。
結局ニットはあまり売れず、取引は店頭分で終了。在庫はこっち持ちです。在庫処分は行ったのですが、それでも資金面では苦しかったです。

注文書ファクタリングで現金に余裕が生まれたことで、
積極的な事業展開を行えるようになりました。

入金は期日通りに行われてキャッシュフローは何とかストップせずに済みました。実はbestpayさんとは別に金融機関から融資の枠がもらえることに決まってたんですけど、融資実行のタイミングは支払期日よりも後でした。
その後は12月、1月の繁忙期を何とか乗り切ることができ、現在では資金にある程度の余裕が生まれています。
春からは百貨店やオンラインショップでの展開をスタートさせる予定です。資金繰りに困っていたら新規事業の展開も厳しかったと思います。bestpayさんには本当に助けられました。

OEMから自社ブランドに少しずつ軸足を移していき、
いずれは大手セレクトショップに選ばれるようなブランドに育てたいです。

OEM製造について言うと、海外の有名ブランドと取引してみたいですね。あとは去年レディースのニットブランドを立ち上げたんですけど、今はその自社ブランドを大きくすることが私の夢です。知り合いが業界紙の企画でパリの展示会に出展したという話を聞いて、正直羨ましいなと(笑。
もっと現実的な話をすると、展示会を開いてバイヤーさんを呼んで契約に結びつけることでしょうか。お金は必要だし企画から売上が入るまで半年は掛かるのですが、銀行の融資資金があるので、しばらくはそちらを活用していく予定でいます。

すでに多くの企業様がご利用しております

注文書ファクタリング会社 - BESTPAY